意外と見落としがちな更新料

賃貸の契約をするときには敷金や礼金、家賃などを基準に考える事が多いのですが、以外と忘れやすいのが更新料です。その金額は家賃の1ヶ月分くらいが相場ですが、契約によって異なっていて、必要ない場合もあります。更新の頻度は1年か2年というのが相場です。
例えば、1年で更新される場合、家賃が6万円であれば、1年の契約期間が過ぎて更新するときには、6万円が必要となります。12で割れば5千円となりますから、1ヶ月当たり5千円となるわけです。実質的には家賃が5千円アップしているのと同じだと言えるでしょう。
1年に1度支払わなければならない場合もありますが、契約期間が2年の場合には2年に一度支払う事になります。2年に一度と言うことなのですが、忘れてしまうこともあるでしょう。家賃の1ヶ月分を支払うと言うことですが、その月には家賃も支払わなければなりませんから、結局は2ヶ月分子払わなければならないと言うことになるのです。
忘れていた頃に支払わなければならなくなると、資金繰りに困ってしまうこともあり得ることでしょう。そうならないように、例えば月々少しずつ貯蓄して言うというような方法で、準備しておくことが必要なのです。