初期費用は家賃の4~5ヶ月分

賃貸の契約をするときには色々と支払わなければならないものがありますから、まとまったお金が必要となってきます。
具体的にはどのようなものがあるのかというと、敷金や礼金、保証金というものがあります。これは物件によって異なっているのですが、合計して家賃の2ヶ月分くらいは必要だと考えておきましょう。
それ以外には、不動産屋に支払う仲介手数料があります。仲介手数料は最大で1ヶ月分ですから、たいていの不動産屋では1ヶ月分を支払わなければならないと考えておきましょう。
また、入居する月と、翌月の家賃を支払わなければならないことが多いです。基本的には前払いですから先に支払わなければならず、たいていは翌月分も支払わなければなりません。
このように色々な費用がかかってきますから、これらを合計すると賃貸にかかる初期費用がだいたいは分かるでしょう。相場としてや4ヶ月分から5ヶ月分です。ただ、最近では需要が減少していると言うこともあって、安い物件もあります。例えば、敷金や礼金が不要な物件も多くあります。また、不動産屋によっては、仲介手数料を半月分と定めていることもありますから、うまく探せば費用を抑えることもできるのです。